イラストレーター?浦野周平 ? 宗介、雫 — 家も結婚も、猫がきっかけ

Jun 6, 2016 / Interviews

Photo:Kazuho Maruo(kiki inc) Edit&Text:Madoka Hattori

サラリーマンをモチーフにしたイラスト「モテリーマン」をはじめ、雑誌や広告などで活躍するイラストレーターの浦野周平さん。偶然出会った雄猫の宗介さんと雫さんの2匹の猫たちと暮らしています。犬派だったという浦野さんが、気づけば猫に囲まれた生活をすることになった理由とはー?

_U5A3707-02

猫のために家を建てる!?

—宗介さんとの出会いは?

「以前、下北沢に事務所を構えていたのですが、住宅街には野良猫がたくさんいたんですね。ある日、道を横切る親子の猫の群れに出会って。ああ子猫が産まれたんだなって思っていたら、1ヶ月後くらいに、道で1匹の子猫がふらふら?っと寄ってきたんです。それが宗介でした。ほかの兄弟は健康的に丸々としていたのですが、彼だけがガリガリで。近所で世話をしていたおばさんが、“お兄さん、ちょうどよかったお願いできるかしら?”って半ば押し付けられるように、引き取ることになりました。実は、ちょうどその頃、妻が猫の首輪のブランド『CONOHA』を立ち上げたんですね。日頃から、猫ってカワイイよねって、アピールされていたこともあり、宗介と暮らし始めることになりました」

_U5A3642-02

_U5A3653-02

_U5A3654-01

—保護してからは、すぐ元気になったのですか?

「ガリガリだったので、まず獣医さんに連れていきました。歯が悪かったみたいで、栄養失調だったんです。性格が優しいのか、ご飯の時に自分の分を、他の猫たちに譲っていたのかなと。十分にご飯をあげたら、元気になってきました。宗介も野良猫としては自分は不向きだと思っていたのか、最初から僕達にアピールして、人懐っこかったですね」

_U5A3660–01

_U5A3661-01

_U5A3676-01

_U5A3683-01

—一緒に暮らし始めて変わったことは?

「僕はもともと実家で犬を飼っていたのですが、猫の飼い方は全くわからなかったですね。でも妻は猫派で、しっかり世話していました。そうこうしているうちに、家を探そうとなってペット可物件を探していたのですが、なかなか希望の広さと条件があわなくって。どうしても、普通の物件より高くなってしまうんですよね。月々の支払を考えたら、家を買うほうがいいのでは、と。そこで、家を建てることになり、いまの家に引っ越しました。さらに家を建てるなら結婚しないとって……宗介がきっかけで、人生の転機が訪れました」

_U5A3705-01

_U5A3716-01

_U5A3733-01

_U5A3755-01
<人見知りな雫さん>

—雫さんとの出会いは?

「この家に引っ越してから、妻が妊娠して、そのお腹が大きい時に出会いました。ちょうど夕飯を食べに行こうと近所の食堂へ出かける途中、道路工事をしていたんです。そこにボロボロになった雫がいて。工事のおじさんに聞くと、カラスにいじめられていたらしくて、毛もボサボサで。妻はもうすぐ出産間近だし、って迷ったのですが、ひとまず動物病院に連れて行きました。獣医さんに“助けてくれてありがとうございます”なんて言われて、もう引き取るしかなくって、連れて帰りました。宗介もいるので、最初は僕の仕事部屋で飼い始めて、元気になってきた頃に、一緒に暮らしていいかって、宗介にお伺いをたてました」

_U5A3735-01

_U5A3737-01

_U5A3739-01

—2匹目の猫は、先住猫との相性は大変ですよね。

「そうですね。でも宗介はすぐに受け入れて、ずーっと見守っていてくれました。いまとなれば、人間の子育てに比べれば猫のほうが全然楽だなって思うのですが、当時は常時エプロンをして、授乳やトイレのお世話をしながら仕事をしてって、けっこう大変でしたね」

_U5A3780-01

_U5A3776-01

_U5A3779-01

—宗介さんと雫さんはどんな関係性ですか?

「活発な妹と温和なお兄ちゃん、といった雰囲気ですね。宗介のほうが年上ですが、喧嘩は弱くて、いつも雫がどーんと体当たりして負けています。ご飯の時も、雫が指示をだして、宗介が“そろそろお腹が空いたんですけど”って言いに来る。カリカリをお皿にあげると、宗介は手を付けず、雫が食べるのをじーっとみているだけ。完全に妹に使われていますね(笑)。とはいえ雫は人見知りで、今日もクローゼットから全くでてきません。子どもが産まれると、雫は“構わないでっ”って興味のないフリをしているのですが、宗介は“面倒みなきゃ!”って一緒に横で寝たり、子どもが泣いている“泣いているよー”って教えにきてくれます。子どもたちにとっても、いい遊び相手になっているのだと思います」

_U5A3808-01

_U5A3809-01

_U5A3811-01

_U5A3812-01

アテレコしやすいの猫の習性

—雑誌『FLASH』では、投稿された猫写真にコメントする連載をしていますよね?

「イラストのお仕事かなって思ったら、送られてくる猫写真にコメントするという、なんとも猫マニアックなお仕事でした。コメントだけじゃ申し訳ないと、三毛猫のしっぽをモチーフにしたロゴもつくりましたけど。猫はキャラクター設定がしやすいんですよね。こんなことを考えているのでは、って動きから台詞を導きやすい。それは人間と同じで、だから面白いんです」

_U5A3984-01

_U5A3986-01

_U5A3771-01

—猫のイラストは描きやすいですか?

「猫って構造がわからないじゃないですか。犬は骨格をなぞればシルエットを導きやすいのですが、猫は抱き上げるとぐにょ?んって伸びてしまう。だから、猫を抱っこしている姿を描いた時は、実際に宗介を抱いて写真を撮ってから描いています。いま猫ブームっていわれていますが、8年も一緒に暮らしているとあまり実感はないですね。宗介と雫、あと友人が飼っている猫くらいしか触れあう機会もないですし」

_U5A3747-01

_U5A3816-01

_U5A3814-01

_U5A3815-01

—近所に野良猫はいますか?

「うちでは“なんかくださいマン”って呼んでいるのですが、向かいの家の屋根にいつもくるキジトラ猫がいます。ずっとフリーランスだと思っていたのですが、最近首輪をしだして。どこかの契約社員になったのかもしれません(笑)」

_U5A3828-01

_U5A3830-01

_U5A3835-01

_U5A3884-01

_U5A3885-01

_U5A3894-01

_U5A3901-01

—最初は犬派だったそうですが、猫と暮らして発見したことは?

「いまでも、犬も大好きですよ。そもそも、猫は犬に比べて、冷たい生き物だと思っていたんですね。でも出かければ寂しがるし、帰ってくると大喜びでスリスリしてくる。犬と同じくらい、感情表現が豊か。犬が猫がっていうよりも、生き物と暮らすことの喜びのほうが大きいですね」

_U5A3927-01

_U5A3938-01

_U5A3952-01

_U5A3955-01

_U5A3956-01

_U5A3961-01

_U5A3970-01

—では、もしかするともう1匹増えることも?

「いまはふたりの子どもが小さいので、難しいかもしれません。だから、裏路地を通る時などは、猫センサーをボッキリ折っています(笑)。見つけちゃったら、やっぱり通り過ぎることはできないので。とはえ、もう1匹くらいはいけるかも、なんて思っちゃいますね」

_U5A4003-01

_U5A4005-01

_U5A4036-01

_U5A4049-01

  • 名前: 宗介、雫
  • 年齢: 8歳、3歳
  • 性別: 雄、雌
  • 品種: 雑種、雑種
  • 飼い主プロフィール:
    浦野周平(うらの?しゅうへい)
    イラストレーター/グラフィックデザイナー。1976年、東京生まれ。東京造形大学卒。Shu-Thang Grafix名義でベジェ曲線を用いつつアナログ感のあるイラストを好む。雑誌、書籍、広告、アパレル等を中心にCDジャケット、ロゴデザイン等も手がける。著書に『スマートモテリーマン講座』、『スマートモテリーマン講座 プレミアム』(マガジンハウス)など。
    http://www.shu-thang.com/
    instagram @shuthang
屁屁影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看